実録大賀戦史:一族史


家系図に戻る
日付 出来事
1022年 10月 鳥居千万宮にて九尾吊りお紺を打倒
隊長:慎太郎
隊員:灯星、稔、優

1022年9月より鳥居千万宮へ出陣。大ボス討伐のため出陣時から討伐続行を予定していたが、10月に慎太郎くんの健康度が低下。それでも討伐続行を決め、万全の力が出ないなか、九尾吊りお紺を打倒。
慎太郎くんが当主に就任してから、一族で初めて大ボスを討伐し、3つの迷宮の大ボスを撃破。初めて大江山にも出陣した五代目当主はまさに時代を一気に駆け抜けた名当主であった。
1021年 8月 夏の朱点童子公式討伐隊選考会 7回大会優勝
隊長:福八
隊員:大和、慎太郎、健斗

健康度は上がりきらなかったが、土髪火目火肌ボーイズを連れて出場。四代目当主最後の出陣でもある。
この大会は奥義ラッシュとなり大和くん、慎太郎くんがそれぞれ開眼。順調に勝ち進み優勝を果たす。
1020年 11月 乃海ちゃんのお婿さん探し・後編 九重楼討伐
隊長:福八、隊員:拳弥

大賀一族史イチの迷討伐。
計画通り朱の首輪を持って出陣。乃海ちゃんの健康度が下がってしまう大誤算によって2人で出撃。
最後手に熱狂の赤い火が灯り、序盤で烏天狗とエンカウントするなど順調に思われたが、その戦いで隊長福八が初手で混乱。何とか朱の首輪を手に入れやたノ黒蠅様を解放するも、そういう時に限って神仙水を持っておらず、また誰も仙酔酒を使えず歩くのもままならなかったため、止むを得ず熱狂の赤い火を残しながらも帰還。多分拳弥くんが持って帰ってきたんだと思う。
翌月、拳弥くんの忠心が下がったことは言うまでもない。
この月に誕生した一族
大和
1020年 10月 乃海ちゃんのお婿さん探し・前編 鳥居千万宮討伐
隊長:乃海

ビューティー乃海ちゃんに相応しい男神様が見つからなかったが為に始まった企画。発起人は(多分)弟の福八くん。
前編の10月では顔良し、素質良しの稲荷ノ狐次郎様を狙い鳥居千万宮へするも…
無限鳥居・百で女神・風車ノお七様を解放したまでは順調だったものの、当主第一子家系に受け継がれしスキル・迷子を発動し、3手先に灯った熱狂の赤い火までに暗黒大鳥居に辿り着けず。謎の力(プレイヤーによるリセット)が働き何度も10月をやり直すも間に合わず。

そこで策士福八が考えた次のプランは『10月に鳥居千万宮に出陣し風車ノお七様を解放、手に入れた朱の首輪で11月にやたノ黒蠅様を解放する』というもの。しかし、解放確率1/4だったため、風の車を倒せども倒せども朱の首輪が止まらず。結果的に『暗黒大鳥居へたどり着く』というミッション以上に過酷なものだった、史上最も泥沼模様を呈した出陣となった。超しんどかった。
1020年 8月 夏の朱点童子公式討伐隊選考会 7回大会優勝
隊長:乃海

一本勝ちは一回のみ、決勝で千景ちゃんが戦闘不能になったり(老年期だしマジで危なかった…)相も変わらず泥仕合展開だったが、家の増築が掛かった大一番で初優勝を修める。乃海ちゃんは初陣で母を亡くすきっかけとなってしまった選考試合でリベンジを果たす。
1019年 1月 九重楼にて七転斎八起を打倒
隊長:佐刀

初の中ボス討伐。直ちゃん初陣にして佐刀隊長のラスト出陣。