花継一族創伝:花継 桜花丸 初代当主を表示する


源太
お輪

花継 桜花丸

名前 花継 桜花丸 (ハナツグ オウカマル)
職業 剣士
生年月日 1017年 ??月 〜 1019年 2月
当主経験 1代目当主
メモ 信条:明鏡止水
・欲に目がくらみがち
・友の様な父

自身がボロボロになるまで進めることが多く、その度にせつなに心配をされていた。
ある討伐でいつもの様に進めていると深部に入りすぎ、子である甲斐を死なせかける。その時に己の愚かさを痛感し以降は隠居するようになる。
悲願成就は自分の手では無理だと悟っており、子どもに託すことへ若干の罪悪感もある。
せめて戦闘時以外はは楽しく過ごせるように努めた。
信条である明鏡止水とは程遠い人物だったが、子ども達全員に愛される良い父親だった。

「俺の死を 悲しむ暇があるなら、一歩でも 前へ行け 決して 振り向くな
子供たちよ… 俺の屍を 越えてゆけッ」

花継 せつな
花継 甲斐
花継 結糸丸
花継 弥鹿